毛髪は睡眠時間が少ないと弱くなる

ハゲというのは若いうちからでも起こり得ます。若いからといって油断はいけません。若い頃からハゲないようにするには、あまり無理が無いような生活習慣が肝心です。

例えば、若いからといって夜更かしを頻発したり、あまり睡眠時間を取っていないようなことはありませんか。睡眠時間が少ないと、髪の毛を修復するための成長ホルモンが分泌されず、髪の毛が弱くなってしまいます。

また、ストレスもなかなか取れないことから血行を悪くし、ホルモンバランスも乱れるために髪の毛が生えにくくなってしまうような傾向もあります。また、食生活も若ハゲの原因となります。

お肉やジャンクフードなど、塩分や脂分の多い食事は頭皮を油でギトギトして、毛穴を詰まらせる原因となります。

そうなると、髪の毛は生えにくくなり、若ハゲになりやすくなってしまうか、そうでなくても将来的にはげる要素を増やしていきます。できる限り若ハゲを防ぐためには、日ごろの生活を改めましょう。

http://www.infoserigrafia.com/